名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.12

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【知多市】

知多市は、大規模な発電所・製油所や人気のビーチがあるなど、産業・観光両面で特徴的な自治体です。温暖な気候と名古屋へのアクセスの良さを求めて、知多市でオフィスや事務所を持ちたいと考える方も多いのではないでしょうか?今回は、知多市の賃貸オフィス・事務所の助成金・補助金制度を紹介します。賃貸オフィスや事務所に使える補助金があるかどうか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【目次】
1.知多市の特徴
2.知多市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類
3.知多市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

知多市の特徴

知多市は愛知県西部、知多半島では北西部に位置し、令和3年6月現在で人口は約8万5千人です。古くから農業がさかんで、とくに小玉たまねぎ(ペコロス)やフキの生産で知られます。沿岸部にはスケールの大きな工場地帯が広がり、火力発電所や日本屈指の石油製造会社の製造所があるのも特徴的で、液化天然ガスの貯蔵施設もあるなど、全国でも有数のエネルギー基地となっています。また、食品製造業や繊維業など、さまざまな製造業者が事業運営を行い、各産業が活発です。
一方で、知多は美しい自然が豊富な地域でもあり、観光面でもたくさんの魅力があります。知多木綿の産地として名高い岡田地区のレトロな街並みをはじめ、緑浜町の新舞子マリンパークなどの人気スポットを有します。新舞子マリンパークは名古屋から好アクセスなこともあり、例年マリンスポーツやバーベキューを楽しむ多くの人で賑わいます。

知多市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類

知多市では市内に本社を置く中小企業に対して、設備投資・販路開拓・人材確保にかかる費用の一部を補助する「がんばる中小企業応援事業」という制度を実施しています。補助額は事業内容や対象者によっても異なりますが、限度額を10万円~15万円とし、費用の5分の1~2分の1を補助してもらうことができる頼もしい制度です。
また、「知多市もの創り支援事業補助金」では、知多市内に本社か事業所のある事業者が、新商品などの開発や商品化に要する経費に対して補助金を交付してもらえます。対象となる費用は原材料費・人件費から旅費・技術指導費まで多岐に及びます。

知多市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

知多市では、令和3年6月現在、申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金や補助金の制度はとくにありません。ただし、知多市では、市内に主たる事業所を置き、かつ要件を満たしている場合、「小規模企業等振興資金制度」か「経済環境適応資金制度」のいずれかを通じて融資を受けた方を対象とした補助制度を設けています。
所定の融資制度の保証料を支払った方に限られますが、全額か一部について補助を受けることが可能です。通常資金・小口資金のほか創業資金も対象となる制度融資なので、該当する事業者は少なくありません。保証料は負担の大きい費用です。毎月家賃などの経費がかかる事業者にはたいへん助かる制度なので、条件に合う方はぜひ申請してみましょう。

今回のまとめ

知多市は知多半島の北西部にあり、幅広い業種業態の事業者が活躍している自治体です。事業者をサポートするさまざまな支援体制も整っているため、オフィスを新規に立ち上げたりオフィスの移転先としたりするにもおすすめのエリアといえます。賃貸オフィスは、希望する条件に合う物件を紹介してくれる専門業者を介して探すのが成功への近道です。
中部エリアの事業用物件に詳しいオフィッコスは、丁寧な物件リサーチと豊富な情報量で信頼できる仲介会社。今からオフィス探しを始める方は、ぜひオフィッコスに相談されてみてはいかがでしょうか?