名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.12

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【大府市】


東海エリアで「健康都市」として知られている大府市は、農業・製造業をはじめ、さまざまな産業がさかんな自治体でもあります。大府市で事業所用物件を借りたいとお考えの方に向け、今回は大府市の賃貸オフィス・事務所に関する補助金・助成金を紹介します。大府市の事業者が行政からどんなサポートを受けることができるのか知っておきたい方はぜひ参考にしてください。

【目次】
1.大府市の特徴
2.大府市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類
3.大府市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

大府市の特徴

大府市は愛知県西部に位置し、令和3年5月現在、およそ9万3千人の人口を有する自治体です。縄文時代から人が暮らしていたとされる大府市は古くから稲作がさかんで、現在でも主要な産業のひとつとして農業が挙げられます。中でも、低カロリーで栄養豊富な「木の山芋」は大府市の特産品として有名です。また、近距離にある名古屋への出荷量も豊富な馬鈴薯・たまねぎ・キャベツのほか、ぶどう・ジャンボ梨といったフルーツ栽培にも注力しています。一方、大府市内には工業団地がたいへん多く立地し、自動車製造業を中心に、各種機械・化学・繊維・食品製造業者などが幅広く事業展開しているのも特徴的です。
ほかにも、大府市には「健康都市」という特徴的な顔があり、東浦市と共同で「ウェルバレー構想」に基づく健康促進のための事業・活動に力を入れています。すでに健康促進を目的とした医療機関・公園・施設が充実していますが、健康関連の企業等の新たな誘致にも積極的です。

大府市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類

大府市は、愛知県信用保証協会の信用保証を利用した市内に事業所を置く中小企業に対して、保証料の補助を実施しています。受けた融資制度にもよりますが、補助額は12万円を上限とし、各種類保証料の60%~100%交付してもらうことが可能です。また、日本政策金融公庫の「マル経融資」を利用した小規模事業者に利子の補助をする制度もあります。
そのほかにも、新技術・新事業の発展に使うための費用を補助してもらえる「がんばる事業者応援補助金制度」は、主に技術系の事業を行う方が活用したい制度です。

大府市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

大府市では大府駅および共和駅周辺の空き店舗を借りて事業を行う事業者を対象として、「空き店舗等利活用補助金」を交付しています。対象者は小売業・飲食店・生活関連サービス業で、3年以上事業継続できる見込みがあるなどの条件があり、さらに所定の要件を満たす必要はありますが、要件を満たす事業者は賃借料はもとより、入居時に負担となりがちな工事費も一部負担してもらうことが可能です。認められれば家賃の半分を12ヶ月間補助してもらえる制度なので、大府市で店舗移転などを検討している方には嬉しいサポートといえるでしょう。

今回のまとめ

大府市は均衡の取れた産業構造を特徴とし、さらに市民の健康促進にも力を入れている自治体です。名古屋へも好アクセスなので、名古屋市を含む周辺エリアに取引企業がある事業者がオフィスを開くのにもふさわしい土地柄といえるでしょう。
大府市でオフィスや事務所を探す場合には、東海エリアの事業用物件に精通した「オフィッコス」への仲介依頼がおすすめです。自社の希望に合う物件を的確に選ぶのは、実際にやってみるとなかなかうまくいきません。ぜひプロのノウハウを活用しながら、素敵なオフィス・事務所を見つけてください。