名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.10

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【江南市】


名古屋市のベッドタウンとして知られる江南市は、歴史的名所やお祭りなどの文化財も数多く残っている由緒正しい街です。事業者に対するさまざまなサポートもあり、オフィスを借りてビジネスを行うのにも適しています。今回は、江南市の事業者が受けられる助成制度や、助成金・補助金にはどのようなものがあるのかを解説します。江南市エリアでオフィスを探している方などは、ぜひ参考にしてください。

【目次】
1.江南市の特徴
2.江南市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類
3.江南市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

江南市の特徴

江南市は愛知県の北部に位置する人口約98,000人の自治体です。先土器時代にはすでに人が暮らしていたとされる江南市には、浅井古墳群や長泉塚古墳といった歴史的な名所、経塚や前野家屋敷跡などの名跡が多いのが特徴です。また、前飛保町寺町の曼荼羅寺で例年開催される藤まつりや、村久野町寺町の音楽寺で実施されているあじさい祭りも東海圏を中心に高い認知度を誇ります。両祭りには例年市内外から多くの観光客が訪れており、こうしたイベントも重要な観光資源となっています。
江南市の主な産業は製造業で、とりわけ繊維工業がさかん。高級カーテン生地の製造では日本トップクラスとなっています。その一方で、大根・白菜の栽培をはじめとして農業もさかえているなど、江南市の産業構造バランスは良好といえるでしょう。

江南市が実施する事業者への助成金・補助金等の種類

江南市では、一部の法人を含む、地域経済・まちづくりのための事業活動を行っている団体に対し、「商業振興事業費補助金(地域商業活動活性化事業)」を実施しています。これは、江南市に人を集めたり、地域が活性化したりするような事業を行う企業や団体に補助金を出す取り組みで、お祭り・イベント・共同セールのほか、キャッシュレス化等の機能強化のための研修会なども補助対象となっているのが特徴です。
また、融資金額が500万円以下で、融資期間3年以上遅れることなく利子を支払った事業者に対しては「小規模事業者経営改善資金融資利子補給補助金」制度を実施しています。該当すれば、6か月分の利子を補助金として受給可能です。
ほかにも、小規模企業等振興資金融資を受ける際に必要な信用保証料の一部を補助してもらえる制度もあります。

江南市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

江南市では、賃貸オフィス・事務所を借りる場合に特化した助成金・補助金の制度は今のところ実施されていません。
ただ、江南市では、コロナ禍の影響によって売上減少した事業者に対して支給される「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」の申請に必要な証明書の発行を行ってくれます。家賃やテナント料の支払いにも補助金を使用したい意向のある方の中で、新型コロナ感染症流行の影響によって売上が前年同月と比べて20%以上減少している市内事業者は、要件を満たせば受給対象となります。

今回のまとめ

江南市には、賃貸オフィス・事務所に関する補助金や助成金はとくに制度化されていないものの、事業者に対してさまざまな助成金・補助金があります。江南市は製造業や農業がさかんではありますが、年中行事には市の内外から観光客が訪れるなど、幅広い業種にビジネスチャンスのある自治体なので、オフィス開設やオフィス移転を検討している方は、ぜひ江南市も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?
江南市で事業用物件探しの際には、名古屋で15年以上賃貸オフィス仲介を専門に取り扱うオフィッコスまで、ぜひお気軽にお問い合わせください。