名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.08

愛知県の賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金【津島市】


津島市は津島神社の門前町や交通の要衝として、近世・中世時代から多くの人々が集まる場所でした。山岳地帯や丘陵部などがなく、概ね平坦な地形をしており、あま市・愛西市・蟹江町などに隣接しています。津島市で賃貸オフィスや事務所を探す前に、申請できる助成金や補助金をチェックしておくことがおすすめです。どんな種類があるのか見ていきましょう。

【目次】
1.津島市の特徴
2.助成金・補助金にはどのような種類があるのか
3.津島市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金
4.今回のまとめ

津島市の特徴

津島市は愛知県中西部に位置し、名古屋市の西から約16kmの距離にある、人口約6万人の都市です。古くから津島神社の門前町として、発展してきました。津島神社の祭礼として600年近い歴史を持つ「尾張津島天王祭」や、国の重要文化財である「堀田家住宅」などがあることでも知られます。重要無形文化財の尾張津島天王祭は「日本三大川祭り」の一つです。「日本三大川祭り」の一つとして知られ、例年、祭りの時期が近づくと街中が活気づきます。
木曽川の支流である天王川は、江戸時代まで町の中央を流れる川でした。現代でも、一部が天王川公園丸池として残っています。天王川公園は、尾張津島天王祭の会場でもあります。津島神社と共に、町のシンボル的な存在として市民に親しまれています。

助成金・補助金にはどのような種類があるのか

助成金や補助金は、子育て支援や介護などの個人向けのものもあれば、事業者向けのものもあります。中でも、中小企業や小規模事業者などが、労働の生産性を向上させるために活用できる補助金の種類は豊富です。「研究開発助成金」のように、国家や国民に役立つ研究や新技術などの開発に対し、研究費や経費が支給されるものもあれば、地域の防犯に役立てるための街灯の設置、といったものまで幅広いものが見つかります。従業員の子育て支援や、健康診断などに対する助成金もあるので、活用すれば経費を抑えながら、働きやすい環境を整える役に立つでしょう。
主に、国・自治体・公共団体などが、助成金や補助金の交付を行っています。対象者や要件が細かく決まっており、事業計画書の提出や書類審査などを通過して初めて、使用した経費に対し支払われるものがほとんどです。

津島市で申請可能な賃貸オフィス・事務所に関する助成金・補助金

津島市で事業を開始するなら、助成金や補助金をチェックしておいて損はありません。融資とは違って返済の必要がなく、経営の助けになってくれます。
代表的なものとして「あいちスタートアップ創業支援事業費補助金」が挙げられます。愛知県内で、起業・事業承継・第二創業などをする人を対象にし、起業支援金の支給と事業を成長させ発展するために必要な、専門家による経営面に関するアドバイスなどを受けられます。2019年度から開始している取り組みで、例年6月ごろに募集をしています。補助額は25万円以上、200万円以内で、補助率は1/2以内です。要件は事業承継・第二創業する場合と、新たに起業する場合で異なります。愛知県内に住所があること、もしくは、2022年1月31日までに、愛知県内に転居する予定であることなどが求められます。
ただし、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県から移住する場合、移住支援金の対象にもなる可能性があるでしょう。詳細は「あいちスタートアップ創業支援事業費補助金公式HP」からチェックできます。
https://aichihojokin.com/

今回のまとめ

愛知県は創業支援や地域を活性化させるための事業者への支援を積極的に行っている場所なので、今回紹介したもの以外にも、申請できる助成金や補助金が見つかるでしょう。津島市で賃貸オフィスや事務所を探している人は、市内の事業所向け物件に詳しい不動産仲介業者を利用しましょう。
オフィッコスでは、条件にぴったりなオフィス探しのお手伝いをしています。ぜひご利用ください。