名古屋の賃貸事務所・テナントの移転ならオフィスの仲介会社(株)オフィッコス「お知らせ・コラム」ページ

お知らせ・コラム

NEWS

コラム 2021.07.02

エステサロンを開業するときのテナントの選び方3つのポイント


エステサロンを開業する際、自宅・間借り・テナントなど、さまざまな開業スタイルがあります。テナントはイメージに合った内装をしやすく、理想的なエステサロンの経営をしやすいことがメリットです。テナントでの開業を選択する場合、どんな物件を選ぶかが重要だといえます。その後の経営に大きく関わるので、手を抜きたくない部分です。エステサロンに向いていない物件を選べば、経営が困難になります。テナントを選ぶ際に注意したいポイントを見ていきましょう。

【目次】
1.エステサロンのコンセプトに合っているか
2.ターゲットに好印象を与える立地か
3.地域の開発予定や近隣ライバル店の状況
4.今回のまとめ

エステサロンのコンセプトに合っているか

エステサロンに相応しい物件を探すとき、複数の機器を使うために必要な電力や、排水設備などをチェックしなければなりません。つい、設備の面にばかり目がいきがちですが、経営を成功させるには、サロンの「コンセプト」をしっかりと決めることが重要です。テナントは、自宅やマンションの一室などで開業する場合に比べ、賃料が高額になりがちなので、経営が破たんしないように慎重に物件選びをしなければならないでしょう。物件の選び方は、どんな店にしたいのかによっても変わってきます。最初にどんなコンセプトにするかを明確化すると、ぴったりな場所を選びやすいでしょう。
例えば、富裕層向けに高級感があるリゾート風のサロンを開店するなら、ボロボロの雑居ビルの一室ではイメージに合わず、集客に悪影響を与える心配があります。また、賃料が高い物件に決める場合、施術料を高めに設定することになるため、価格に見合うサービス内容にしなければならない点も押さえておきましょう。

ターゲットに好印象を与える立地か

エステサロンのターゲットは、女性である場合が多いです。女性が1人で足を運びづらいような立地は、避けなければなりません、最寄駅から人気のない暗い道を時間をかけて歩かなければならない場合、不安を感じる女性が大半です。会社帰りなどに利用したくても、夜道が不安な場所では怖くて利用できず、客を逃してしまうことにつながるでしょう。どんなにサービスがよくても、立地が悪いと客足が遠のく原因となってしまうのです。
人通りが多く、明るい場所にある店の方が安心して訪れやすいと考えられます。同じビルにどんなテナントが入っているかも重要な要素で、風俗店や男性向けの店などはない方がよいといえます。サロンのコンセプトによっても変わってきますが、居酒屋や飲食店など、臭いが気になるテナントもできればない方がよいでしょう。街の雰囲気も重視すべきポイントで、道にゴミが散らかっていたり、不潔な臭いがしたりする場所も避けた方がよいといえます。

地域の開発予定や近隣ライバル店の状況

物件を選ぶ時点でよい条件がそろっているだけでなく、将来的な地域の発展の有無なども視野に入れる必要があります。周囲に何もないよりも、おしゃれなカフェや複合商業施設など、女性が訪れやすい立地を選んだ方が、集客が見込めるでしょう。しかし、近くに商業施設があり人の流れが多いように思えても、大型商業施設の長期間の修繕工事や撤退などが原因で、人が離れてしまうこともあります。念には念を入れ、将来の展望も含めて出店する地域の調査をすることが大事です。
また、近隣のライバル店とコンセプトやサービスの内容などがかぶっていると、集客が難しくなる場合があるでしょう。ライバル店の特徴や動きなども、チェックすることをおすすめします。例えば、高級店ばかりの場合、差別化を図るためにあえて庶民派な店にすれば、よい意味で目立つ存在になるはずです。

今回のまとめ

エステサロンを開業する際、どんな物件を選ぶかで経営が成功するかどうか決まるといっても過言ではないでしょう。物件探しを始める前に、コンセプトをはっきりとさせておくことで、イメージに合う物件を探しやすくなります。ターゲットとなる客層が、足を運びやすい立地かどうかや、同じビルにどんなテナントが入っているかにも注目して選びましょう。